胸を残してダイエット

胸を残してダイエットってできるの?

私は、とにかく食べる事が大好きで休日は必ずビュッフェスタイルのランチを食べていました。

 

今度友人の結婚式があるので、クローゼットからワンピースを取り出し試着してみると、

 

 

ホックが閉まらない・・・

 

 

少し太ったとは思っていましたが、さすがにこれはまずいと思いました。

 

おまけに恋人にも指摘されました。

 

「ちょっと太りすぎじゃない?俺痩せてる方が好きだな」

 

これには相当ショックで、絶対に痩せてやると決めました。

 

 

でも、昔から胸だけには自信があって、

 

ダイエットして胸まで小さくなったらどうしよう・・・

 

そんな不安を抱えていました。

 

 

同じバイト先の子も、痩せて胸が小さくなったと言っていたのを覚えていました。

 

 

胸を残してダイエットする事は出来ないのかな?

 

 

痩せても絶対に胸だけは小さくなるのは嫌だったので、胸を残してダイエットするいい方法はないかずいぶん調べました。

 

そして、一つの方法を知り実践したところ、

 

胸を残してダイエットする事に成功したんです。

 

 

私みたいに、胸を残してダイエットしたい人は大勢いると思いますが、この方法が参考になれば幸いです。

 

 

胸とダイエットについて

 

ダイエットすると、胸から痩せていくという事を聞いた事があると思います。

 

まずは、どうして胸から痩せていくのかその原因を調べました。

 

 

運動による胸の揺れ

 

ダイエットしようと思ったら、真っ先に思いつくのが有酸素運動だと思います。

 

でも、胸を大きく揺らすような運動は、胸を小さくする他、胸が垂れてしまう原因にもなります。

 

例えばランニングや縄跳びなど。

 

一般的なブラだとどうしても揺れを防ぐことはできません。

 

その場合は、スポーツブラやさらしを巻く等して胸を大きく揺らさない事が大切です。

 

 

食事制限による栄養不足

 

ダイエットの為にと、過度な食事制限をすると、胸に必要な栄養素が行き届かなくなり胸を小さくしてしまう原因になります。

 

特に胸を維持するのに必要なたんぱく質が不足してしまうと胸から小さくなってしまいます。

 

ダイエット中は、大豆や魚などの良質なたんぱく質を摂取しなければなりません。

 

 

ストレスによる女性ホルモンの低下

 

ダイエットを始めると、慣れない運動を続けたり、好きな食べ物を我慢したり、思うように体重が減らなかったり。

 

それらが原因でストレスが溜まり易くなってしまいます。

 

ストレスが溜まると、女性ホルモンの分泌量が減り女性らしい胸を保つことができなくなってしまいます。

 

ストレスが溜まるようなダイエット方法は避けなければなりません。

 

 

胸を残すダイエット方法は難しい

 

調べた事をもとに、早速ダイエットを始めました。

 

運動は、なるべく胸は動かさないようにとウォーキングにしました。

 

ただ、ペースを上げると上下に大きく揺れてしまうのでスポーツブラでしっかり固定しました。

 

難しいのは、食事と、ストレスを溜めない事です。

 

胸に良いタンパク質を中心に食事をしていましたが、食べたい物が食べれない事でストレスが溜まってしまいました。

 

このままだと、長続きしないので別な方法を調べました。

 

そこで見つけたのがB-UPと言うサプリです。

 

B-UPは、バストアップしながらダイエットもサポートしてくれるという画期的なサプリで、

 

今の私にはぴったりでした。

 

サプリなんかでバストアップしながらダイエットなんてできるのだろうか?

 

そんな不安はありましたが、やらないで悩んでいるならば行動したほうが勝ちです。

 

そんな気持ちからB-UPを試してみる事にしました。

 

 

胸を残してダイエットする事に成功

 

その日から、毎日のウォーキングと少しの食事制限、そしてB-UPで頑張りました。

 

食事制限と言っても、間食をなるべく減らして、満腹になるまで食べない事です。

 

その結果、胸を残してダイエットする事に成功しました。

 

あの時諦めないで本当に良かったです。

 

今すごく幸せです。

 

彼氏も惚れ直してくれたみたいで毎日が楽しいです。

 

>>B-UP詳細